大阪人と京都人の違いってなに?同じ関西で仲が悪いと他県人に思われてる?

 

京都人、大阪人、と一括りにするところに問題があるのでしょうね。個人個人によって違うと思いますよ。

京都人と 大阪人の違いってなに?同じ関西人で仲が悪い?

 

一般的に、大阪食いだおれ、京都着だおれって言いますよね。京都の人はみえっぱりなんで、大阪のイメージと一緒にされたくないと思っている。

 

京都人は、外面がいいけど、腹黒かったりする「本音と建前が違う」とか言われるけど、意味が分かりません、と思ってる人が多い。私も意味がわかりませんと思てます。

 

大阪人は、他人とみんな仲間的感覚があるんでしょうね。母のお供で大阪の鶴橋へ買い物に行った時のこと、ぜんぜん知らんおばさん(買い物客)から普通に話しかけられます。いきなりでびっくりしますよ。

 

京都では、実家の近くのスーパーで買い物してても、見知らぬ人から声かけられることはないですね。私自身、周りを気にしてないし、人の顔なんて見てません。商品しか見てない^^;

 

ちなみに、大阪人はお好み焼きをおかずにご飯を食べるそうですが、さすがにお好み焼きとご飯は食べたくないな…。べっこで食べたほうが美味しいやん!焼きそばとご飯は食べたりするけどね。

 

 

京都人、大阪人と比べられたりするのは、一部に残る京都公家文化と大阪商人文化。

・天下の台所とよばれ、全国から集まった物産を、先駆け確立した先物取引市場を通じて売りさばいた大阪商人

→売り込むためのアピール、押しの強さと損得勘定が生命線の商売

 

・天皇のお膝元で全国から集まった物産を贅沢に消費した京都

→贅沢に選んだ品を近隣のお得意さんに売るだけの閉鎖的な商売

 

培われた商売の仕方は、老舗を中心に厳然と残っていると思います。でも「京都人/大阪人の気質が全てそうか?」というと、そうでもない、地元の人間にとって言われる事に違和感を感じます。(ごく一部の事例で一事が万事と決め付けて欲しくない)

 

近年は吉本芸人などの台頭で、この傾向が強まっていると思います。マスコミの影響は大きいですね。おっとりした雰囲気の三田寛子さん、安田美紗子さんは「京都らしい」といわれ、ド派手な倖田來未/MISONO姉妹は「京都に似合わない大阪っぽい」と言われる。

 

和田アキ子さんや吉本芸人が大阪人の代表とよばれ、鈴木杏樹さんが大阪出身と言われる事は少ない。沢口靖子さんが大阪弁でCMに出ると何故かコミック調になるとか。

 

京都人と 大阪人の違いってなに?京都人は大阪人と一括りにされたくない?

 

大阪も神戸も同じ民族とは見ています。けど京都が一番と信じていますので、いっしょにされるのは嫌ですね。

 

当初(佐賀の人)は、京都弁=関西弁で大阪の人?とよく言われましたが、今では、京都弁と大阪弁の違いが分かってくれはるようです。

 

京都弁と大阪弁は聞きなれると全然違いますよ。京都弁のほうが何となく語気が”はんなり”してます。喋る内容はキツいんですけどね。笑

 

大阪に親戚の叔母ちゃんが居はりますが、口悪すぎ(笑)。お腹で思たはること全部言わはるいわゆる直球型です。涙もろくて性格は悪くないんですけど(^_^;)

 

京都人と大阪人はなぜ仲が悪いと他県人に思われるのか?

 

京都人と 大阪人 仲は悪くないですね。そもそも大阪は京都文化圏です。近世の大坂は京都の商人がつくったものですし。お互い、親戚や友人の一人二人います。

 

私は京都で生まれましたが、妹は大阪生まれで弟は滋賀県です。私が小4のとき京都へ戻ってきました。大阪で住んでたことは覚えてないけど、滋賀県大津市に住んでたことは、少し記憶にあります。

 

京都生まれの知り合い曰く、「京都人の半分以上が大阪のことを嫌っている」と言ってたけど、そら言いすぎやわ。大阪と一緒にされたくないとは思てますけど…

 

まとめ

 

京都と大阪は言葉は似ていても、物の考え方がまるで違うんです。文化が違うんです。だから一緒にされたくない。京都人という独特のプライドがあります。余談ですが、京都人の中には今でも、京都が日本の首都だと思っている人も少なくありません。(洛中人)

 

京都人と 大阪人 なぜ仲が悪いと他県人に思われるのかというと、テレビでけしかけてるのが大きいからでしょうね。視聴率稼ぎでおもしろおかしくしているだけ。

 

京都人と大阪人 そこまで仲が悪いわけやないですよ。お互いプライドがあるのだと思います。表だって特別仲が悪いとは思いませんが、京都人は「京都はもともと都だった場所やし特別」。「がさつな大阪人と一緒にせんといて」と思っている。

 

大阪人は「関西の中心は大阪」「関西一の都会」「京都人の気取ったところが気に入らん」と思っている。そういうことにしときましょ(^^)

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

コメント