冬の京都観光で人気のスポット嵐山花灯路周辺のライトアップは絶対外せない

京都には神社やお寺がたくさんあってどこに行ったらええのか迷います。ちょっとでもお役に立てればと思い、記憶を辿りながら京都の事書かせてもろてます。

 

冬の京都観光で人気のスポット嵐山花灯路周辺のライトアップは絶対外せない

 

花灯路ライトアップの見どころはたくさんあります。運営者さんは、あちこち全部回れる的なこと言わはるけど、ライトアップの点灯時間もあるし、どうせやったらゆっくり回りたいよな~という人は、渡月橋周辺をぶらぶら歩いてみるんもいいかも知れへんね。

 

渡月橋ライトアップもめっちゃ綺麗やし、その周辺で美味しいもん食べたりしてゆっくり回るいうのもオツなもんです。

 

嵐山花灯路とは

12月上旬~中旬、嵯峨・嵐山周辺の行路にある、約2500基の行灯(あんどん)が、夜になるとぼんやり趣のある風景を生み出すイベント

 

ライトアップの時間

花灯路ライトアップは夕方5:00~8:30まで。

8時過ぎたらちょっとずつ、店じまいし始めはります。「ライトアップは8時半までです~」と係の人が叫ばはって、8時半頃、渡月橋の灯りがプツっと消えたような…(今はどうなんやろ?)

京都・嵐山花灯路公式サイト

 

京都 嵐山花灯路ー展開図

出典:京都・嵐山花灯路

 

冬の京都観光で人気の嵐山花灯路の他のスポット

 

法輪寺のライトアップ

 

法輪寺では映像アーティスト・長谷川章さんによるD-K Liveは毎年恒例のイベントで、お堂に向かって「プロジェクションマッピング」が行われます。インスタ映えするスポットですよ~

 

2017年に行った人の情報では、係の人に確認済みで、写真OK、三脚OK、ツイッターやブログにUPもOK!で写真スポットとしては最高やったそうです。今年の情報ではありませんので、撮影時は係の人に要確認でお願いしますね(^.^)

 

冬の京都観光で人気のスポット竹林のライトアップ

 

 

竹林は一年中混んでるとこ。夏の嵯峨野は涼しく穏やかで、12月の竹林は寒いけど、冬ならではの静寂の中で天高く力強く繁ってる。そんな感じがします。

 

冬は日が落ちるのも早いですから、足元には注意して進みましょう。滑りにくい靴はここで役立つかもですよ~。とホッカイロ!竹林は人気スポットでいつも混んでますけど、12月の竹林は雪が降ったりすると、寒いし足元も悪いわで人も少ないようです。

※ライトアップ中は混雑の為に一方通行になるので、渡月橋に戻るには遠回りしなければならないです。

 

冬の京都観光で気になる服装や持ち物は?

京都の12月上旬は寒いですが、寒い季節もいろいろイベントがあります。桜や紅葉の季節は観光客さんでごった返す京都ですが、この寒い時期は春頃や秋頃に比べると人も少ないんとちゃうかなぁて思います。

 

初めて京都へ観光いう人にとって、12月の京都はどんだけ寒いんかわからへんやろうし、何を着て行ったらいいのかもわかりません。

 

Q.12月に京都へ観光しようと思っています。雪マークが出ているのですが、ダウンコート、ブーツ、マフラー、手袋だけでは寒いでしょうか?

 

雪マークが出てるのは「京都府北部」の丹後半島のあたりです。

京都市内では、たぶん降らへんと思います。降ったとところで積雪まで行きません。(大原、比叡山ではどうかわかりませんが、そうでない標高の低い場所を前提に。)

 

京都市内であれば、ダウンコート、ブーツ、マフラー、手袋で十分やと思います。店内や電車やバスの中では暑いかも知れへんので、調整が出来る服装がええと思います。

 

神社やお寺の中を拝観しはる時は靴を脱ぐので、厚手の靴下とか用意しはったほうが…。スリッパだけでは冷たいです。足用など、ホッカイロは必需品。私はいつもバッグに入れて準備はしていました。

 

また、行かはる場所にもよりますけど、積雪の心配はありませんが、雨かみぞれが降ったりするので、滑りにくい靴を履かれるのは是非おすすめします。

 

花灯路に行かはる時は、早めに引き上げる事も視野に入れて。夜遅くなると道が凍って、バスなど移動手段がなくなるかもしれません。(二尊院あたりから嵐山駅まで歩くのは辛いです。)

 

まとめ

 

京都観光 冬の人気スポット 嵐山花灯路は、紅葉のときほど混んでへんそうです。けど、ライトアップの点灯時間は約3時間くらいと短いので、あんまり遠いとこまで行くと疲れます。

 

渡月橋の辺りをぶらぶらしながら、竹林は見ておきたいスポットなんで、ここを視野に入れて行きたいですね。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。

 

 

コメント